受入れ校一覧

関西テレビ電気専門学校

専門学校からのお知らせ

現在記事はありません。

学校概要

学校名(日本語)関西テレビ電気専門学校
学校名(英語)KANSAI TV Electrical COLLEGE
学校名(ローマ字)KANSAI TEREBIDENKI SENMONGAKKOU
住所〒530-0052 大阪市北区南扇町3-16 西沢学園
TEL06-6313-0261
FAX06-6313-1112
E-mailinfo@nishizaw.ac.jp
URLhttp://www.nishizawa.ac.jp
採用担当者/入学担当者北村 洋子
最寄駅地下鉄:扇町駅5番出口から徒歩2分/南森町から徒歩5分
JR環状線:天満駅から徒歩7分
留学生在籍者数20名・50%
留学生の主な出身国・地域ベトナム
留学生用試験の有無
留学生選考試験【受付】10月1日~3月20日 (試験日)面接試験は随時
  【選考方法】書類審査、面接 (選考料)¥20,000
  【試験内容】面接により日本語理解力を試験する。
留学生に対する教育方針・特色・独自の個別指導やフォロー体制専門教育と日本語指導とともに、担任制度によりきめ細かな生活指導を実施。
進路・就職指導により職業企業紹介や就労ビザの取得指導など、全員が希望の就職ができるように指導!
インターンシップ状況【インターンシップ先の業種】:電気・電子・映像業界
インターンシップ可能な企業を紹介
留学生対象の就職支援進路就職指導(全般)、履歴書・経歴書の作成指導、面接指導、その他指導
1年生・2年生を通して「ビジネス」という科目で実施しています。
海外連携企業、学校等
海外連携の内容
資格取得「第二種電気工事士」(国家資格)は「電気テレビ科」で卒業時にもらえます。
「第1級陸上特殊無線技士」(国家資格)が校内講習修了でもらえます。
 電気通信の「工事担任者DD3種」(国家資格)が校内講習修了でもらえます。
「第2級 陸上無線技術士」/「第1級 総合無線通信士」(国家資格)は「放送電子科」で基礎科目免除。
第一種電気工事士(国家資格)は「電気テレビ科」で有利に取得できます。
「第1級 陸上無線技術士」/電気主任技術者試験3種(国家資格)は有利に取得できます。
家電製品エンジニア(家電技術協会)は「電気テレビ科」で有利に取得できます。
電気通信の「工事担任者DD1種」/ 「工事担任者総合種」(国家資格)の科目免除があります。
映像音響処理技術者認定試験(JPPA)/デジタル検定(文科省)が有利に取得できます。
留学生の卒業後の進路【就職先業種・職種】
家電メーカー、電気通信の関係、ケーブルテレビ放送などAV関連、自動制御関連・制御機器メーカー、測定器メーカー、自動車関連、電気設備管理、道路公団通信関連、放送設備メンテナンス、通信設備メンテナンス、総合エンジニアリング、電気設備電気工事、屋内配線業務、防犯カメラ設備関連、電子機器製造メーカー、中継アンテナ設備工事、電気通信ネットワーク関連、地上デジタル放送、BS・CS衛星放送、映像音響ポストプロダクション、映像制作、カメラマン
【就職先会社名/進学先学校名】
(株)防犯カメラ設備、電気設備工業(株)、大日電子(株)、(株)電気工業所、高速道路管理、(株)電気設備工業
国内就職 100%
留学生の就職率(就職者/就職希望者)2017年度100%、2018年度100% (大阪府、兵庫県、滋賀県)
留学生対象の制度留学生特別減免制度:奨学金:¥350,000
その他受入条件本国の高等学校卒業以上
日本の日本語学校を卒業以上
身元保証人不要
宿舎の紹介
日本での生活指導、オリエンテーション等【1年次】進路相談-学習指導- 【2年次】就職相談-面接指導-就労ビザの取得指導
アルバイト紹介・アルバイトポリシー就学に支障をきたさないアルバイトは、可能です。
備考全員が、希望する就職を目標としています。

留学生募集学科概要

放送電子科

募集内容専門士/共学/募集定員:50/入学時期4月/募集年数:2年
学費入学金:20万円/授業料86万円/学生諸費:0円/奨学金:-35万円 合計(1年間)71万円
授業時間数・年間・週【講義・実習】年900h/週30h【20:80】(1単位時間50分)

電気テレビ科

募集内容専門士/共学/募集定員:50/入学時期4月/募集年数:2年
学費入学金:20万円/授業料87万円/学生諸費:0円/奨学金:-35万円 合計(1年間)72万円
授業時間数・年間・週【講義・実習】年900h/週30h【20:80】(1単位時間50分)

電気テレビ科電工コース

募集内容専門士/共学/募集定員:50/入学時期4月/募集年数:2年
学費入学金:20万円/授業料112万円/学生諸費:0円/奨学金:-35万円 合計(1年間)97万円
授業時間数・年間・週【講義・実習】年900h/週30h【20:80】(1単位時間50分

ページを印刷する


工業分野に属する専門学校一覧